検索
  • 天野圭介

大藤の絡まったコナラの巨木を特殊伐採

浜松市春野町内のお宅の裏に生えるコナラの巨木。

昔は焚き付けや薪を集めるためによく裏山に通ったもので、

裏山はいつも綺麗に手入れされ、木も若く程良い大きさに手入れされていました。

生活に必要なものを身の周りで賄い、それが結果的により多くの生き物を育む

循環を生み出していたのです。


しかし、生活における燃料が石油由来のものに変わるにつれ、

裏山はあまり人の訪れる場所ではなくなり、

放置されて荒れてしまうケースがよく見られます。

このコナラも残されたままとても大きく成長し、

それに太さ50cmを超えるほどの大きな藤が絡まっていました。

藤は既に枯れかけていて、コナラと共倒れの危険性があります。

さらに藤の蔓は隣のケヤキまで飛んで巻き付いており、

複雑怪奇な状況に。このままでは生活に危険を及ぼす可能性がある為、

伐採させて頂くことになりました。


あの手この手を考えていると、裏山の神様の付近に大きな赤樫の大木が。

この赤樫や椎の巨木をアンカーにお借りして、藤の絡まった巨木の枝を一本吊り。

4日がかりで無事納めさせて頂きました。







閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示