​微生物と暮らす

L1001556.jpg

​循環する暮らしの第一歩。それは排泄物を土に還すことです。

ONE TREEでは、高嶋康豪博士の開発した複合発酵技術を利用したバイオトイレ「あ・うんユニット」を使用しており、糞尿を発酵合成して土へ還し、お米や野菜に果樹栽培、堆肥づくり、酵素水づくりを実践しています。

複合発酵(発酵合成)とは、好気性菌(発酵系)と嫌気性菌(合成系)が共存、共生、共栄した理想的な環境であり、その状態では腐敗、変敗が断ち切られ、微生物の全ての有害作用が有益効果に導かれます。発酵合成された人糞尿は無味無臭の液体となり、飲用可能なレベルまで浄化されます。高濃度の微生物酵素とエネルギーに満ちた液体は、土壌中の微生物を活性化させたり、堆肥の完熟化を促進したり、実に様々な働きによって暮らしや生業を根底から支えてくれます。糞尿やトイレットペーパーは分子、原子、原子核レベルまで分解されてガスとエネルギーに昇華し、消失します。その結果、汚泥が発生せず汲み取りの必要はなくなり、浄化槽の様な点検、清掃の必要もなくなります。

高い資材や身近で手に入らないものを使うのではなく、最も身近で利用されていない、かつ現代社会では汚染源となってしまっている糞尿を宝の水に変え、循環する暮らしを育みます。ONE TREEでは、この複合発酵普及について以下の取り組みをおこなっています。

○複合発酵「あ・うんユニット」の設置相談及び設計、導入工事

ONE TREEは複合発酵あ・うんの会の技術研究員を務めております。ご家庭の状況やライフスタイルにあったユニットの設計や相談、またユニットの導入工事も承っております。お氣軽にご相談ください。複合発酵及びあ・うんユニットの詳しい説明はあ・うんユニット公式ホームページをご覧ください。

あうんユニット.JPG
​誰でも家庭で複合発酵!!「あ・うん単独槽」誕生
00p.jpg

この度、誰でもさらに簡単に、そして安価に家庭で複合発酵を実践できるよう、あ・うんユニットを更に進化させた「あ・うん単独槽」が誕生しました!

今までの2槽式便槽ユニットではなく、容量アップの1,000L便槽の1槽式。水洗トイレが利用でき、糞尿もトイレットペーパーも分解・消失し、汚泥の汲取りゼロ!腐敗を断ち切り、汲取り槽や浄化槽の様な悪臭無し!処理された液体は液肥として利用でき、土壌に散布すれば健全な作物の成長や土壌づくりを促進してくれます。日々の管理は完全自動、菌達への感謝は忘れずに☆詳しい資料は以下よりダウンロードしてご覧ください。また、単独槽を導入されたYoutuberの方が、設置の様子を素敵な動画にまとめてくれました。是非ご覧ください☆

「あ・うん単独槽パンフレット」はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※システムの追加により、あ・うん単独槽で生成された液肥を更に質が高く、高エネルギー化された液体である「酵素水」に精製することも可能です。農業、水産業、畜産業など、さらに多用途に複合発酵を活用したい方はご相談ください。